こだま工房では、材料から丁寧に時間を掛けて造ったどぶろくや
毎日手間ひまかけて作った自慢のお米つや姫、梅干、漬け物に味噌の他、
季節ごとの山形の特産品の販売を行っております。

愛情をたっぷり注ぎ、素材からこだわりました。こだま工房のつや姫、味噌や漬物、そのほか季節限定の山形の特産品をご提供します。

愛情をたっぷり注ぎ、素材からこだわりました。こだま工房のどぶろく、つや姫、味噌や漬物、そのほか季節限定の山形の特産品をご提供します。
こだま工房のどぶろく造りへのこだわり

どぶろくを自分の米で 〜「出羽燦々」に自信 レストランも開業〜

こだま工房のご主人、小玉雄一さんは「いつかは自分の米で酒を造ってみたい。」との思いから、2004年11月に酒造免許を取得しました。思い入れたっぷりの米を仕込んだどぶろくは、新たな町の特産品として注目を集めています。

どぶろく造りへのこだわり

「むらやま徳内まつり」で知られる村山市は、祭りに訪れる観光客に対し、農家民宿などでの地産地消を主体としたもてなしや物産の販売を進め、地域経済の活性化を図ろうと「まつり特区」を国に申請。2004年6月に認定を受けました。その中には、酒税法の特例が受けれらる通称「どぶろく特区」が含まれています。酒類を造る場合、年間最低製造量6千リットルという酒税法の規制がありましたが、特区内の民宿や飲食店などを営む農家で、自家製の米を使用し提供する場合に限り少量でも製造できるようになりました。 小玉さんは同市が特区に認定されたことから、どぶろく製造を申請。山形市の県工業技術センターで2ヶ月間の酒造りの研修を受け準備を進めてきました。

使用する米は、本県で開発した酒造米「出羽燦々」。小玉さんはこの米を10年以上栽培してきました。「この米はまだ名前が付けられていない時から栽培してきましたが、酒を造るのにこれほど適した米はありません。」米は60%まで精米。使用する麹(こうじ)も自家製と徹底しています。

どぶろく造りへのこだわり

どぶろくの良しあしを左右するのが、醸造段階での温度管理です。既製の温度調節機能を備えた設備は高額に及ぶことから、なんと自宅の施設内に製造所を建設!そして米の貯蔵庫として使っていた冷蔵庫の床にホットカーペットを敷き、温度調節が可能な醸造室を作ったそうです。

2004年11月に初仕込みを行い、その後の試飲会での評判は上々。年間600リットルを製造する予定です。同年12月下旬にはどぶろくのほかに、杵つき餅やぶりだいこん、牛もつの煮込みなど素朴な田舎料理が味わえる完全予約制の農家レストランもオープンしました。

「のど越しと、吟醸酒に似た深い香りが特徴です。ぜひ味わってください!」

まろやかで飲みやすい!芳醇な香りがたまらない!

これを飲まずにどぶろくを語るなかれ!
こだわりのどぶろく購入ページへ⇒

【酒税法に関するどぶろく製造についての注意書き】

こだま工房では、国の構造改革特区に認定された山形県村山市の「まつり交流特区」で、村山税務署に「どぶろく」の製造免許申請をし、2004年11月25日、税務署から免許の交付を受けました。

(※家庭で製造・自家消費する場合は、酒税法により処罰される可能性があります。)

▲このページのトップへ
農家レストラン こだま工房(どぶろく・農産物の販売と季節ごとの田舎料理)
〒995-0111 山形県村山市大字大久保甲95番地  tel/fax 0237-54-3906(工房) 0237-54-2034(自宅)
当ホームページに掲載されている文章、および掲載写真の無断での複製、転載・修正などを禁止します。